紅茶のおいしい入れ方

紅茶のおいしい入れ方

 

いつも飲んでいる紅茶も、少しのコツさえ覚えれば、もっともっとおいしく飲む事ができます。
紅茶をおいしく入れる為の基本のコツはこちら。

● 茶葉の量を正確に計る。
● ポットはあらかじめ温めておく。ポットの下にティーマットをひくとよい。
● お湯の温度は100度。沸騰してしばらくすると10円玉の大きさの泡が出てくるぐらい。
● 蒸らし時間は正確にタイマーで計る。(ダージリンは3分、その他は4分)
● 蒸らしている間にジャンピング(茶葉が上下にお湯の中を動く)できているか?
● 蒸らし終了後、軽くひとまぜして、最後の一滴までカップに均等に注ぐ。

0421

では、この基本をふまえた上で、紅茶のおいしい入れ方です。
小さめのティーカップ3杯分の紅茶の入れ方。

1. 湧かしたお湯をポットに入れてポットを温める。
2. ポットのお湯を捨てて、そこに茶葉6g(ティースプーン3杯)を入れる。
3. 100度に沸騰したお湯450ccを勢いよく注ぐ。
4. すぐに蓋をして、タイマーで時間を計り、きちんと蒸らす。
5. スプーンでひとまぜして、茶漉しを使ってカップに注ぐ。

st01

これで、おいしい紅茶が出来上がります。
こちらはカップ3杯分ですが、ひとりで飲むときなどは、あらかじめ温めた
別のポットに注いで、ゆっくりと飲んでください。